留学時に必要な英語力

Pocket

基本的にツールとしての英語は中学英語で十分です。
英語は本来、ツールだと言われるように、勉強の対象ではありません。
英語そのものを学ぶのではなく、英語で何かを読み、書き、話し、コミュニケーションを取り、得る内容こそが大切なのです。テスト
日本の中学校3年生程度の英語力なら、日常生活で困ることはありません。
中学校で学ぶ英語は、文法も含めて英語の基礎となるものなので、とても大切です。
その基礎をしっかり身につけるためには、中学校の教科書を繰り返し読み、復習を重ねることが欠かせません。
そうして身についた基礎をもってすれば、海外の大学での授業にもついていけます。
英会話については、現地に行って数ヶ月もすれば、日常生活で困ることはありません。
留学生活においては、英語は『学ぶ』のではなく、『使う』ことで、体で覚えるようになります。

  • 語学留学

語学学校には初級から上級までレベルごとに分けられたクラスがあり、登校初日のテス教科書トで英語レベルをチェックして、自分の今の英語力に合ったクラスに入ります。
その後は、進級テストや担任教師の判断で上のクラスへ移動することが出来ます。
ビジネス英語や試験対策、インターンシップなどのコースには、受講の際に英語力の基準が設けられています。

  • 大学留学/専門留学

英語で専門性の高い内容を学ぶ大学や専門学校への留学では、高い英語力が求められます。
ただし、大学によっては条件付入学制度を実施しているところもあり、大学からの入学許可をもらってから、海外で英語力を伸ばした後に正式に大学に入学することが出来ます。
また、例えばアメリカであれば、通常4年制大学よりも2年制大学のほうが英語力の基準が低いことが多いので、
まずは2年制大学に入学し、卒業のための単位を取りながら英語力も上げて、3年次から4年制大学へ編入する方法が留学生には人気です。

いかがでしたか?
留学にはメリットもあればデメリットもあります。
しかし、デメリットの対処の仕方を知っていれば、きっと語学以上に学べることが沢山あるでしょう。
楽しい留学生活を送れるよう、ぜひ参考にしてみて下さい。